女性の就職・転職活動の注意点

男女雇用機会均等法が施行され、面接の場と言えども、女性への差別的な質問は禁止されるようになりました。しかしながら、その解釈はまちまちですし、また、実際のところ企業側もその女性がどれくらい会社で働いてくれるのかということを気にするので、実際は、結婚や妊娠・出産に関するきわどい質問も投げかけてきます。中にはセクハラのような質問もありますが、それにどう答えるかということもノウハウの一つです。上手に切り返して、あなたの未来を勝ち取りましょう。

よくされる質問には、下記のような質問があります。

  1. 結婚と仕事
    あなたが結婚したら仕事とどう折り合いをつけるのか、ということを聞いてくることがあります。逆に、結婚したら自主的に仕事をやめるのが当たり前のような認識の会社や部署もあります。
  2. 妊娠・出産と仕事
    妊娠・出産した際に、仕事をどうするかということを聞いてきます。大企業の場合は、育児休暇など、職場復帰をバックアップする制度が整備されていることが多いですが、中小企業の場合、そのような制度が充実しておらず、どうしても妊娠・出産は退職につながることが多いようです。
  3. プライベート
  4. 男性でも女性でも、プライベートについてあまりにも明け透けな質問をすることは、あまり喜ばしいことではありません。特に女性の場合は、その質問がセクハラまがいのものになることもありますので、気分を害することがあるかもしれませんが、うまく切り返しましょう。

こんな記事もおすすめ