清潔な服装と身だしなみをする:5つのポイント

人は見かけで、その人柄も判断してしまいます。

建前などは抜きにして、これが真実です。
ですので、初めての、しかも1度しかない面接では、服装や身だしなみにはいつも以上に気をつけるようにしましょう。とはいっても、いつもしないような奇抜な最先端の服装をするということではなく、相手の人事担当者や面接担当者に、不快感を与えなければよいのです。

下記のポイントに気をつければよいでしょう。

  • スーツやシャツはアイロンがけされ、折り目がついているか?また、しわや汚れは無いか?
  • ネクタイはきちんと結ばれているか?だらしなく緩んでいないか?
  • 靴は磨かれているか?履きこまれてくたびれていないか?
  • 靴下は濃い目の色のものでだらしなく下がっていないか?
  • 髪の毛に寝癖はついてないか?整えられているか?
  • 無精ヒゲが生えていないか?
  • 鼻毛は伸びていないか?
  • 目やにがついていないか?
  • つめはきちんと切られているか?汚れがたまっていないか?
  • 背筋が伸びているか?猫背になっていないか?

ごくごく当たり前のことですね。

心配な方は、受けようとしている会社のビルに入る(もしくは出てくる)方々の服装をチェックしてみて、あなたの服装や身だしなみが、その会社のカラーとあっているのかどうかをチェックしてみるのもよいでしょう。

こんな記事もおすすめ

One Comment

  1. 面接の基本 | 面接110番.com
    2013 年 10 月 22 日 at 11:35 PM

    […] 清潔な服装と身だしなみをする。 […]