適性判断の基本

ここまでは、あなたがどういう思いを持っているのかどういう人柄なのかをあなたからアピールするという視点での面接対応方法を解説してまいりましたが、ココからは、逆に、企業面接者があなたにその会社や職種への適正があるか否かを測るための質問、つまり、適性判断の質問について解説してまいります。適正判断には、大きく3つの分類があります。「能力」「人柄」「やる気」の3つです。これらは、コレまでにご紹介してきた「自己PR」や「志望動機」などでも重要な要素ですが、この質問時にはそれらがより掘り下げられます。

それぞれ詳しく解説いたします。

  1. 能力
    あなたに何が出来るのかを測られます。それは、「一般常識」「業界知識」「表現力」「コミュニケーション能力」など、その企業が求めるものによって様々です。また、人気の企業や非常に優秀な社員を抱えているといわれる企業ほど、非常に高度なものが求められます。学生就職活動では、あなたの能力を裏付けるものとして筆記試験・SPIの結果や資格などが重視されるでしょうが、更に面接時での受け答えからそのポテンシャルを測ろうとし、転職活動では実際の業務での実績とそのプレゼンテーションが重視されるでしょう。
  2. 人柄
    あなたがその企業で愛される人材になるかどうかということを測ります。「協調性」「素直さ」「勤勉さ」「責任感」「前向きさ」など、その企業に望まれる人柄が評価されます。ただ、これは企業文化や応募する職種などにより違いますので、一概には言えません。ケースバイケースでの判断となります。人柄についての質問では、あなたの弱点をずばりと突いた痛い質問をしてくることもありますのでもっとも対策が難しいといわれます。
  3. やる気
    あなたが口だけではなく、実際にどれだけ動くことのできる人材なのかをは測ります。「実行力」「積極性」「決断力」「実績」など、あなたのこれまで行ってき活動に対する関与の仕方が問われます。学生の就職活動では、それほど大きな実績を求められるわけではありませんが、大きな決断や選択を迫られる事態に対して、あなたがどう接してきたのか、そのような経験があったのかが問われ、転職活動では実際のあなたの決断の実績が問われます。

こんな記事もおすすめ

One Comment

  1. 適性判断対策のポイント | 面接110番.com
    2014 年 2 月 13 日 at 2:15 AM

    […] 適性判断は、「適性判断の基本」でご紹介したとおり、企業側の判断で、あなたとその企業がマッチしているかどうかを測ることが目的となっています。足りている・不足しているとい […]