適性判断対策のポイント

適性判断は、「適性判断の基本」でご紹介したとおり、企業側の判断で、あなたとその企業がマッチしているかどうかを測ることが目的となっています。足りている・不足しているという判断のほかに、「あなたの強みが企業側が求めるものと合っているかどうか」という方向性の違いという判断もなされます。様々な角度から質問がなされましすが、その対策はポイントを絞ればそれほど大変なことではありません。以下、そのポイントをご紹介いたします。また、この対策を通して、その企業があなたが本当に志望している企業なのかどうかということも深く理解することが出来るはずです。

それぞれ詳しく解説いたします。

  1. 自己分析「弱点」の再確認
    あなたの強みを自己PRではアピールしましたが、ここでは、あなたの弱点について、再確認をします。そして、その弱点を克服するにはどうしたらよいかということを事前に考えておきます。また、それが本当に克服できることなのかも考えます。場合によっては、弱点は弱点として認め、長所でカバーするという思考法も必要だからです。
  2. あなたと企業の文化との相性の確認
    あなたの自己分析結果と企業文化がマッチしているのかの再確認をします。今では、2ちゃんねるやmixiなどインターネットの情報を通じて、その業界や会社の雰囲気を知ることができるような場が多く公開されています。もちろん、それら全てが本当ではありませんので使い方に要注意ですが、雰囲気を知る材料の一つにはなるはずです。また、事前に想定しておいて、面接時の面接者の受け答えや質問などから、逆に探っていくということも必要です。あなたの自己分析結果とあまりにもかけ離れているようであれば、憧れがあっても、応募するのは控えておきましょう。もちろん、応募職にも依ります。
  3. その企業や職種が求めるであろう人物像を具体的に想像
    その企業や職種に、どんな人物が必要かを非常に具体的に想像しておきます。その能力だけではなく、話し方やその容姿や立ち居振る舞いまでどのような人が理想なのかを考えます。あなたの想像は間違っているかもしれません。しかし、具体的に理想像を想定することから、努力目標の設定は変わってきますし、あなたのどうしたいか、という意見にも真実味がでてくるのです。
  4. 理想の人物像とあなたのギャップをどう埋めるか
    3で考えたあなたの考えるその企業の理想の人物像に、どうやって近づけるかを具体的に考えます。もちろんギャップが少ないほうが有利でしょう。しかし、そのギャップを埋めるためにあなたが具体的にどうしていくのか、ということが一番重要なのです。その熱意を持ってすれば、ギャップを埋めることも出来るでしょう。世の中に完璧な人間というのはいないのですから。事前に用意しているのと用意していないのとでは、面接の場での説得力に天と地ほどの差があります。
  5. 面接では前向きさと素直さと相手を思いやる心を
    面接時には、あなたの適正を試すため、様々な角度からいやらしい質問がされます。しかし、それは、あなたを試すためにされているのです。それらの「試練」を乗り越えるためには、あなたの「前向きさ」が力になるでしょう。物事を前向きに捉えるように癖付けましょう。また、あなたがどれだけ本音を言っているのかを測ることもなされます。それらに対してはでは、「素直さ」を忘れてはいけません。しかしながら、「相手がどう思うのか」ということを考えた上で、あなたの素直さを伝えることも大切です。素直さは相手を傷つけることもあるのです。これらは、すぐに出来ることではありません、あなたの今までの生き方が現れます。嘘をつく必要はありませんが、あなたの考え方を考えるだけで、違った受け答えができるはずです。

こんな記事もおすすめ