志望動機質問例:当社は第一志望ですか?

「当社は第一志望ですか?」

あなたがその企業への志望度がどれくらいなのかを具体的に測るため、また、あなたがどのような点において、その企業に興味を持っているのかを測るためにされる質問です。もちろん、第一志望ですと答えるのがベストです。ただ、単純にそれだけで終わることはなく、「何故、第一志望なのか?」を語る必要があります。

回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. 志望状況を説明
    あなたの正直な状況を伝えます。ただ、明らかに競合企業を第一志望と答えてしまうのは、NGです。その企業は滑り止めということになってしまいますから。ですので、もし、第一志望を他社名で言う場合は、その企業の業種とは重ならない他の分野でのとがった企業を言うべきです。また、その場合でも、「迷っている」というニュアンスは伝えたほうが良いでしょう。

    ★ポイント★
    もし、第一志望がまだ絞られていないようであれば、とりあえず「第一志望です!」と言い切ってしまいましょう。

  2. なぜ、その企業に注目し、志望しているのかを説明
    その企業で注目している点を具体的に語り、それに絡めて、あなたの実現したいことを説明します。
  3. あなたの夢・願望の展開
    あなたが入社し、その職種に就くことで、あなたの夢・願望がどうなり、社会やその企業をどうしていきたいか、という抱負を語ってください。

回答例①

[志望状況を説明]御社が第一志望です!他には、競合の企業も受験させていただいておりますが、その中でも御社への志望は一番強く思っております。[その企業の職種で注目した点・志望理由]御社は、医薬品業界の中でも、比較的後発でシェアは低いと言われておりますが、ジェネリック医薬品の分野への投資をいち早く展開し、また、新薬開発の分野でも、業界でも非常に注目されている企業のM&Aに積極的だと伺いました。非常にスピード感あふれる経営をされていると、他社の方とお話をしても、そのようにおっしゃられていました。[あなたの夢・展望]これまで御社の方々とお話をさせていただきましても、皆様、仕事のスピード感と挑戦していくのだ!という気迫を感じましたので、私自身の成長の場として、ぜひ、ご一緒にお仕事をさせていただき、会社の成長にも貢献していきたいと思っています。

こんな記事もおすすめ