女性ならではの質問例:男ばかりだけど大丈夫?

「男ばかりだけど大丈夫?」

男ばかりの職場に女性が志望してくる、ということは、女性にとってのチャレンジでありますが、受け入れる男性にとってもチャレンジであり、双方にとって不幸な結果にならないようにと考えています。この質問は、文字通りの質問で、女性のあなたが本当にやっていけるかということを素直に知りたい気持ちからされている質問です。あなたの情熱をぶつけ、理解していだければ、道は開けるでしょう!
回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. あなたがやっていける、という考えを述べる
    あなたがやっていけるのだ、ということを力強く述べます。

    ★注意点★
    もし、あなたが、「え?!男ばっかりの職場なのか?!;」といったかんじで、男性ばかりである職場であることを知り、不安に思っているのだったら、そこは素直に答えましょう。もちろん、不安であっても乗り越えられそうだと考えているのなら良いのですが、初めから無理をする必要は双方にとって不幸な結果となってしまいます。

  2. なぜやっていけるのかを熱意をこめて説明する
    今なぜあなたが、男ばかりの職場でもやっていけるのか、ということを説明しましょう。あなたの期待しているもの、やりたいこと、それらが女性だからということで考慮されることを前提としていないのだ、ということを述べればよいでしょう。

回答例①

[あなたの考え]はい、周囲が男性ばかりでも、私はしっかりとやっていけると思います。[やっていける理由]第御社で目指したいことは、御社の製品開発にお役に立つ基礎研究です。これまで、大学の研究室で研究してきましたが、そこでも男性ばかりで、白衣姿で化粧もそこそこで毎日夜遅くまで研究をしてきました。ですので、御社に入社し、開発の現場に入ったとしても、男性ばかりだということで気後れすることは無いと思います。私は、一研究員として、自分の課題を一生懸命にやり遂げたいと思いますし、チームの課題に役に立てるように、早く一人前になりたいとおもっています。ただ、社会人になったら、もう少し化粧など身だしなみには気をつけたいと思っています^^

こんな記事もおすすめ