あなたにとって仕事とは何ですか?

「あなたにとって仕事とは何ですか?」
「仕事で大切なこととは何ですか?」

この質問では、その会社・職種での業務内容についてではなく、働く、ということに対してもっとも大事なものは何かということを尋ねています。このような哲学的な質問に対しては正解はありません。あなたの考え方を仕事というフィールドでどのように表現するのかということが問われています。「仕事とは、お金を稼ぐことです。」なんて回答はもちろんNGです。

回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. あなたの考え
    あなたの考えを簡潔に述べます。
  2. あなたの考えの理由の解説
    あなたが何故そのように考えるのかを具体的な理由と共に解説します。具体的にエピソードがあれば、より理解してもらいやすくなります。
  3. あなたの夢・展望
    あなたが仕事をとうしてどうなっていきたいのかをアピールします。

回答例(1)

[あなたの考え]私は、仕事とは人生そのものだと思います。[あなたの考えの理由]私は、今まで、毎日の生活の半分を学生として過ごしてきました。私のコレまでを振り返ったとき、人生の約半分は学生生活で占められており、人生は学生生活だったといっても過言では無いと思います。私はこれから、就職して仕事に就くわけですが、そこでも毎日の約半分を過ごすわけですから、人生は仕事だといっても過言ではないかと思います。先日、私の父親が定年退職をしたのですが、日ごろ、あまり話したりはしない父親が、これから就職活動をしようとしていた私に、「仕事をしっかりと出来ない人は、人生もしっかりと出来ない人だ。どんな仕事でも胸を張ってしっかりとやり遂げろ。」と話してくれました。父は製油プラントの工場長を40年間やってきたのですが、自分の作ったものは日ごろ目に触れなくても、自分がやった仕事に対しては、いつも自信をもって、胸を張って生きてきた、と言っていました。いつも前向きで、何事も一生懸命な父でしたから、その言葉にすごく納得しました。[あなたの夢]私は、そんな父に一日でも早く認めてもらえるよう、「一人前の仕事」が出来る一人の社会人になりたいと思います。そして、父が胸を張って誇れるような仕事をしていきたいと思っています。

こんな記事もおすすめ

One Comment

  1. 適性判断質問例:学生と社会人の違いは何だと思いますか? | 面接110番.com
    2009 年 2 月 28 日 at 7:57 PM

    […] この質問は、「あなたにとって仕事とは何ですか?」という質問にも通じる、あなたの職業観について尋ねる質問です。特に、学生と社会人のその「責任の重さの違い」に注意して、回 […]