女性ならではの質問例:化粧が濃いね

「化粧が濃いね。」
「化粧がいつもより濃いんじゃないの?」

女性からすると非常に失礼な質問ですが、こと就職・転職活動の場では、ありえる質問です。接客業や飲食、金融関連の仕事では特に、ですが、女性の化粧はある程度のトーンが大切です。全くしないというのは社会人としてのマナーとして問題がありますが、しすぎは問題があるので、ある程度のところまでで身だしなみとして整えるようにしましょう。ですので、この質問が出てしまったということは、質問というよりも、あなたの身だしなみにNGがでたということです。これはあなたの切り替えしで挽回するしかありません。
回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. 素直にわびる
    今日のあなたの化粧が濃すぎるという指摘については素直に認めて謝罪しましょう。
  2. 反省と今後について説明する
    今回、あなたの不注意で見苦しい姿をお見せしたことを謝罪し、今後は気をつけたいということを伝えます。

    ★ポイント★
    あなたの愛嬌を生かして、かわいげのある切り替えしが望まれるところです。緊張していると思いますが、面接官の様子を見ながら、落ち着いて素直に謝罪しましょう。

回答例①

[謝罪]もうしわけございません、少しハリキリすぎて、化粧が濃くなってしまったようです。お見苦しい姿をお見せしてしまいまして、申し訳ございません。[反省と今後]第一志望の御社での面接ということで、気合がはいってしまいまして、いつも以上に念入りに手をかけてしまって化粧が濃くなってしまっていたようです。申し訳ございません。今後は、もう少し肩の力を抜いて、自然体の私をご覧いただけるように留意したいと思います。ご指摘いただきまして、誠にありがとうございます。

こんな記事もおすすめ