相手の目を見て話す:5つのポイント

前ページの「清潔な服装と身だしなみをする」でご紹介したとおり、人は見かけで、その人柄も判断してしまいます。
ですので、服装だけではなく、あなたの姿勢や態度も、普段の普通とおりであっても、人事担当者や面接担当者にとって不快なものであれば、あなたをそのような人物だと評価してしまいます。

特に、「相手の目を見て話す」ということが出来ない方は、要注意です。
面接であろうとなかろうと、相手の目を見て話さない、ということは、あなたの言っていることが非常に伝わりにくくなります。なぜなら、相手の目を見ないということは、「あなたが言うことに自信がないので、相手を見ることが出来ない」「あなたが言うことは嘘なので、相手を見ることが出来ないと相手は取るからです。
話す相手の目を見て話すことが出来ない方、今一度、確認と練習をして見ましょう!

その他、下記のような点を注意して、あなたの普段の姿勢や癖を今一度見直してみましょう。

  • 猫背になっていないか?
  • 貧乏ゆすりをしていないか?
  • (女性の場合)座ったときに、ひざが広がってしまっていないか?

こんな記事もおすすめ

Comments are closed.