女性ならではの質問例:デートと残業のどちらを選びますか?

「デートと残業のどちらを選びますか?」

当然のことながら、「残業」を選ばなければなりません。これは男性にもされることがある質問ではありますが、女性に質問されることが多いようです。社会人の仕事は、学生のアルバイトとはちがうのだということを意識していることを伝え、仕事に対する責任感を伝えることが重要です。
回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. 当然のことながら「残業」だということを伝える
    残業が当然のこととして重要であることを簡潔に答えます。
  2. なぜ残業を選んだのかを説明する
    あなたが何故、残業を重要だと考えるのかを説明し、あなたの仕事に対する情熱をアピールします。

回答例①

[あなたの考え]当然のことですが、「残業」を選びます。[なぜ残業を選ぶのかの説明]日ごろの業務をしっかりとこなしていれば、急な残業などは必要ないとは思いますが、それでもやはり、突然仕事がはいってくるということはあることで、チームの一員として、組織の一員として仕事を任されている以上、責任を持って仕事をやり遂げるのが当然だと考えています。また、仕事を中途半端な状態で投げ出してしまったっら、デートや遊んでも、心から楽しめないと思います。

こんな記事もおすすめ