もし不採用だったらどうしますか?

「もし不採用だったらどうしますか?」

あなたの本気度合いを試すための質問です。当たり前の話しながら、もし不採用だったら、あなたは第二希望の会社や他の業界を受けることになるでしょう。そのような事実はありつつも、その会社にどれだけ熱意を持って面接に望んでいるのかということを示すことがポイントです。最終面接に近い段階でされることが多いでしょう。
回答の流れとポイントは下記のとおりです。

  1. 仮に不採用だとしてのあなたの心理状態を示します
    不採用だったと過程して、あなたの心理状態を想像し、正直に答えます。
  2. あなたが不合格にならない理由をアピール
    あなたが1で想像したような状況にならないと思っていると確信しているのだということを伝えます。つまり、あなたはこれだけその会社に適していて、あなたを不採用にする理由はないから、安心しているのだという自信を伝えます。

    ★ポイント★
    あなた自身の性格からして、正直自信がない、ということであれば、変に自分を過剰に演出せず、正直な気持ちを伝えてもよいと思います。ただ、その企業が第一希望であり、強く熱意を持って面接にあたっているのだという思いを伝えるということを忘れないようにしましょう。

回答例(1)

[あなたの感想]もし、御社に不採用となってしまったら、私は御社を第一希望と考えていて、これまでの就職活動の中心に様々な準備をしてきましたので、その落胆は想像するだけで、非常に恐ろしく思っています。そして、また別の会社へと就職活動を進めるのは、とても苦しいことになりそうだと思っています。[あなたのアピール]しかし、私は、そうなるという心配は全くしていません。なぜなら、私は、先ほども申しましたとおり、就職活動を通して全ての中心に御社を考えて準備してまいりました。また、自分の全力を常に御社に向けさせていただいてきました。この面接の場に参らせていただくことがdけいたのも、これまでの私の熱意をご評価いただいたからだと思っております。そういう意味で、今の私は合格を信じて疑っておりませんので、不採用となってしまう心配はしておりません。

こんな記事もおすすめ

One Comment

  1. 適性判断質問例:内定が出たら就職活動は続けますか? | 面接110番.com
    2009 年 3 月 3 日 at 11:52 PM

    […] これも、「もし不採用だったらどうしますか?」と同じく、あなたの本気度合いを試すための質問です。あなたにとっては、その会社は実は第2志望かもしれません。しかし、それは面接 […]